最初に払う費用を確認してから居抜き物件を契約する

居抜き物件は費用があまりかからなく便利ですが、しっかりと確認をしなくては、費用が非常に高くかかってしまう可能性を持っていると覚えておきましょう。居抜き物件が多くの方が契約をしたいと考えているので、非常に人気になっている傾向があります。そのため大家さんが毎月かかる費用を高くしている可能性もあります。毎月の費用が高いと言う事に気が付ける方は多いですが、契約する際にかかってしまう敷金礼金が高くなっているのは、なかなか気が付けない方が多いです。敷金礼金の費用が合計で3ヶ月分以上になっている場合は、意図的に高くされたと考えて良いでしょう。つまり居抜き物件を契約したのにも関わらず、あまり初期費用を抑える事ができないと言う状態になってしまいます。契約する際に敷金礼金がどれくらいかかるのかまで、確認をするようにしましょう。

居抜き物件のメリット

近年、少しでも安くお店を出店したいと考えている方に注目を浴びているのが居抜き物件です。今回はそんな注目の物件について記載します。居抜き物件を利用するメリットはまず何と言ってもコストを安く抑えることが出来る点です。基本的に前のお店が使っていた設備がそのまま残っているので、備品や機材等を購入するコストを安く抑えることが出来ます。そのため、初期費用を抑えてお店を開店することが出来ます。また、前の店舗と同じ形態の店舗を開店させるのであれば、内装等もほとんどお金を掛けずに済ませることが出来るので非常に便利です。居抜き物件と聞くと、どこか暗いイメージを持つ方もいますが、考え方によっては格安でお店を開店させることが出来る便利な物件です。これらの格安の物件を上手に活用し、念願のお店を開店させてみると良いです。

飲食店開業なら居抜き物件がおすすめ

飲食店を開業するに当たり、まず考えなければならないことが物件です。立地や広さによって家賃は変わってきますが新規オープンするにあたり、できる限り資金を使ってしまうことを抑えたいと誰もが考えてしまいます。そんな方におすすめなのが居抜き物件を利用して開業をすることです。居抜き物件とは前回借りていた方がテーブルや椅子、なかにはお皿などをそのまま残している物件です。設備投資をする金額が減りますのでその分宣伝費にまわすことができたりととても便利です。なかには設備一式がそのまま使えるのでまったく新しいものを購入する必要がない場合もあります。もちろん、内装等にこだわってオープンをさせたいと考える方もいるかもしれませんが、まずは居抜き物件を上手に利用してお店を軌道に乗せ、その後リニューアルするのもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です